債務整理の自己破産を行う時は弁護士相談するのが良い

  • 債務整理の個人再生のメリットとは

    • 債務整理の手法の一つとして個人再生があります。



      自己破産と同じように法律によって手続きが定められていて、経済的に独立した生活を送るための手続きだと考えれば良いでしょう。



      自己破産と異なる点はいくつかあります。まず、個人再生は住宅ローンを組んでいる人のためのものだと考えればわかりやすいです。

      住宅ローンでマイホームを購入し、現在も返済を続けている人の場合、もしも自己破産をするとすべての借金はなくなりますから、住宅ローンもなくなります。

      しかし、このときにマイホームも手放さなければなりません。



      マイホームを売却して借金の返済に充て、それでも返済できなかった部分が免責されるのが自己破産です。
      キャッシングやカードローンの債務を整理するために自己破産をすれば、住宅ローンも整理されてマイホームも失ってしまいます。



      個人再生を利用すれば、マイホームを失わずにキャッシングやカードローンの債務を整理できるというメリットがあります。


      完全に帳消しになるのではなくて、3年で返済するというのが基本です。



      将来の利息をカットし、そして現在の借入額を3年で返済できるような計画を立て、その実現可能性が高ければ債務整理ができるのです。



      債務整理の方法として個人再生を選んだ場合、マイホームは失わなくてよいですが、住宅ローンもなくなりませんから、その後も返済を続けていかなければなりません。


      それができて、かつ他の債務を整理できるような場合にのみ利用できる制度です。

  • 関連リンク

    • 貸金業者のカードローンなどのサービスがあるように、お金に困ったときには手軽に借り入れが可能なサービスを行っている業者がたくさんあります。手軽に借り入れができるようになっているために、ついつい利用をしてしまって借金額が増えている人も多いと言えます。...

    • 債務整理の手法の一つとして個人再生があります。自己破産と同じように法律によって手続きが定められていて、経済的に独立した生活を送るための手続きだと考えれば良いでしょう。...